「告白」はすごい!

  • 小説 あらすじ
  • 登場人物 森口家
  • 登場人物 大人達
  • 登場人物ーS中学校1年B組
  • 映画『告白』
  • 映画 キャスト・スタッフ
  • 湊かなえ
  • 芦田愛菜
  • ┗受賞歴・出演作品
関連情報//
    このサイトは閉鎖されました、ご訪問ありがとうございます.

    「告白」はすごい!

    大きな話題を呼んだ、映画『告白』!
    いい意味で「二度と見たくない」と思う映画・・。
    「いい意味」って・・??

    つまり
    「完璧に出来上がってました!」
    「ホントにやな奴だらけでした!」
    「こんなの・・・もう見たくない・・。」

    小説の内容が、監督・出演者・スタッフ、この作品に関わった全ての力によって、完璧に出来上がっているんです!!
    そんな秀逸作品を、あえて振り返るサイトです。
    「もう見たくない・・」ってアナタも、この作品のすごさを思いかえして見て下さい。
    そしてまだ、見ていない・読んでいないアナタも・・・。
    (ただし、ネタバレ注意です!)

    『告白』は、湊かなえによる小説。
    第一章「聖職者」が2007年に29回小説推理新人賞を受賞。
    第一章から第六章までの長編小説。
    作者である、湊かなえのデビュー作。

    2008年8月10日 双葉社から単行本 発行
    2008年度の週刊文春ミステリーベスト10で第1位に、このミステリーがすごい!で第4位にランクイン。
    2009年に本屋大賞を受賞。ちなみに、デビュー1作品目でのノミネートと受賞は共に発足以来初とのことである。
    2010年6月には監督中島哲也、主演松たか子により映画公開。
    2011年2月には第34回日本アカデミー賞で、数々の賞を授賞。

     

    第34回日本アカデミー賞 受賞状況

    最優秀賞

    • 作品賞
    • 監督賞
    • 脚本賞
    • 編集賞

    優秀賞

    • 主演女優賞 
    • 助演女優賞
    • 撮影賞
    • 証明賞
    • 美術賞
    • 録音賞

    である。
    この年、日本アカデミー賞は、「悪人」「十三人の刺客」などの作品と争奪戦をくりひろげていた。そのほか、
    最優秀アニメーション作品賞には、スタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」、最優秀外国作品賞には、ジェームス・キャメロン監督の「アバター」が受賞している。

    書誌

    単行本
    湊かなえ 『告白』 双葉社、2008年8月10日発行
    (2008年8月5日発売)、ISBN 978-4-575-23628-6
    文庫本
    湊かなえ 『告白』 双葉社(双葉文庫み-21-01)、2010年4月11日発行
    (2010年4月8日発売)、ISBN 978-4-575-51344-8
    ・映画の脚本を元にした、湊かなえ原作・木村まるみ画のコミック版の販売も双葉社から出されている。